夏井瞬写真展「波展」2021 in BAYFLOW越谷イオンレイクタウン

夏井瞬写真展
「波展」 2021
in BAYFLOW
越谷イオンレイクタウン

吉祥寺から引き続きまして、1月18日(月)から2月21日(日)までの約1ヶ月間、
越谷にあるBAYFLOWイオンレイクタウン店舗内にて写真展を開催しております。

白いクリアな壁の写真作品を目の前にして世界観に没頭できた吉祥寺での「波展」とはまた趣向が変わり、
お客様がゆっくりと時間を過ごす空間であるBAYFLOW CAFE内での展示となります。

カフェの温もり感じる雰囲気で訪れた人達がリラックスした感覚で波の写真を目にしてもらうこと。
それは自宅や落ち着ける場所での"日常"の中で、僕の写真を眺めているような不思議な気持ちにしてくれるのではないでしょうか。

お近くにお出掛けれの際には、ふと思い出して頂いて足を運んで頂けると幸いです。

[展示会詳細]
会期 : 2021/1/17(月) - 2021/2/21(日)
会場 : BAYFLOWイオンレイクタウン cafe内
住所 : 埼玉県越谷市レイクタウン3-1-1イオンレイクタウンmori1F

/exhibition/2021-koshigaya/
FUN展2020早稲田

FUN展 2020
in WASEDA

現状維持ではなく、チャレンジを。
今年は2回の展覧会、ポートフォリオ制作。
全ての貴重な機会に対して全力を出して向き合ってきました。

きっと観てくれる人はこういう絵も好きなはず。
作品同士のバランス感を考えるとこの作品も並べてもよいかな。
どうしたら多くの人に自分の写真を見てもらうことができるかなぁ。

良かれと感じて尽力していたことが、いつの間にか僕自信を苦しめてました。

僕の心が震えた写真を作品として表現できていない。
1枚の作品に熱を込めるエネルギーが減っている。
「このままでは面白くない、心の成長が止まっている」
そんな気持ち抱き自問自答する日々。

「今までを忘れて新しい挑戦をしよう」
そう心に決め、展覧会に挑みました。

想いをのせた1枚の展示。
一瞬、見る者の期待を裏切る1枚。
まるで僕と同じように海にいる臨場感を覚える1340mm/2680mmサイズの迫力。
静寂の中に微かな音を感じることのできるモノクローム。
印画紙プリントではなく、表面に質感のある素材へプリントすることで2D写真作品では感じれない雰囲気。

なるべく多くの感覚で展示を堪能してもらう。
2020年最後に表現者として大切な一歩を教えてもらった、そんな展覧会となりました。

FUN展2020早稲田 https://fun-ten.com/
夏井瞬写真展「波展」2020 in BAYFLOW 吉祥寺

夏井瞬写真展
「波展」 2020
in BAYFLOW
吉祥寺

11月7日(土)から来年2021年1月17日(日)までの約2ヶ月間、
吉祥寺にあるBAYFLOW店舗内にて写真展を開催しております。
春先に開催した大阪での「波展」をベースにして合計20点前後の作品を1F〜3Fにかけて展示しています。

たくさんの人が行き交うブランドショップ店舗内での展示という初めての試みになります。
様々な世代の人に愛されている吉祥寺という街で、僕の波の写真がどのように映るのか。とても楽しみにしております。

お近くにお出掛けれの際には、ふと思い出して頂いて足を運んで頂けると幸いです。

[展示会詳細]
会期 : 2020/11/7(土) - 2021/1/17(日)
会場 : BAYFLOW吉祥寺
住所 : 武蔵野市吉祥寺本町 2-13-12 1F〜3F

/exhibition/2020-kichijoji/
2020_01_00

夏井瞬写真展
「波展」 2020
in OSAKA

東京で観れなくて残念。
日本橋での展示をそう残念がってくれた西の知人たちに観てもらいたい。
そんな単純な一心から自身初めてとなる個展を企画、大阪STARRYWORKSにて開催致しました。
サイト制作、搬入、設営、運営、撤去と、学び大き6日間でした。

冬の海は厳しく、身体の冷えとの闘いが続きます。
凍てつく空気に晒されながらも、気持ちを切らさず根気良く狙い、
動かなくなる身体を粘り強く動かしながら撮り続けた作品たちを新たに加えた本展示。
季節を跨ぐことで、さらに多様な波の表情を自分らしく表現することができたと感じています。

厳しい環境下だからこそ気づけた面白さ。写真を通してどのようにこの魅力を伝えていくべきか。
やがて迎える次のステップに向かって芽吹きそうな若葉と蕾、そんな意義深い展示になったのではと振り返ります。
また多くの友人のご協力あってこその、大阪個展。
この場をお借り致しまして関係者の方々にお礼申し上げます。

2020_01_01
2020_01_02
2020_01_03
/exhibition/2020-osaka/
2019_01_00

FUN展 2019
in NIHONBASHI

人間四十間際のいま、生き方が凝り固まって来ているのを感じていた。
自分らしい生き方とは?そして写真との向き合い方とは?
悩める自分に大きな変化をもたらしたく、奮起し突然通い始めた海。
具体的に何かを撮りたいと思った訳ではない。
当時は非日常だった海を訪れるたびに、圧倒的な美しさを魅せつける波と交わる。
1つとして同じ表情がない無数の波に、ただただ反応し、シャッターを切り続ける。

新しい存在「波」との再会で辿り着くことができた表現。
まだまだ未熟さや荒々しさが残る写真だが、熱のこもった自分らしい作品たち。

場所は再開発が進む歴史ある街、日本橋。
COREDO室町の真向かいとなる広い会場でのグループ展。
数多くの方々に足を運んで頂けて大盛況の展示となりました。

2019_01_01
2019_01_02
2019_01_03
https://fun-ten.com/2019/

作品の販売について

オーダーにて作品制作をご希望の方

全ての写真において作品制作・販売を承っております。
写真の選定からサイズのご指定までご要望に沿って作品制作が可能です。
下記「作品制作のご依頼」ボタンを押して、メールにて一度ご連絡をお願い致します。

なお作品制作の御発注を頂きましてから、配送完了まで3週間前後のお時間を頂いております。
( プリント校正確認 / 作品制作 / 検品作業 / 発送作業 / など )
予めご了承いただきたくお願い致します。